不眠症(睡眠障害)を治すには

基礎知識

薬物療法

睡眠障害のひとつである不眠症を治す方法はいくつかあるのですが、おそらく多くの方が最初に思い浮かべるのはやはり薬物療法でしょう。実際に、不眠症で薬を服用している方は少なくありません。

不眠症の治療に使われる薬にもいろいろなものがあります。不眠症の原因や症状の出方というのは人によって違ってきますので、そういった原因や症状に合わせて必要な薬を処方していくことになります。

抗うつ薬や抗精神病薬などを使うこともありますし、漢方でアプローチしていくこともあります。薬を使うと一発でよくなるようなイメージがあるかもしれませんが、基本的には薬物療法でもある程度の時間がかかります。不眠症の症状がよくなるまで薬を続けていくといった形になります。

ただ、薬物療法もリスクがないわけではありません。薬である以上は副作用もありますし、不眠症以外の病気で薬を飲んでいる方であれば飲み合わせなども考えなければいけません。

それに薬というのは依存しやすい部分もあります。実際に、薬に頼り切ってしまって薬がないと眠れなくなってしまうケースも少なくはないのです。

非薬物療法

不眠症を治すためには薬物療法しかないというわけではありません。薬物を使わない非薬物療法といったものもあります。

心身の異常は薬で治すというイメージを持っている方であればあるほど、不眠症における非薬物療法というのはいまいちイメージできない部分もあるかもしれません。しかしながら、不眠症の程度によっては薬と使わずとも十分に治療をおこなっていくことができるのです。

まず挙げられるのが睡眠衛生というものです。これは入眠を妨げるような行動や環境を避け、質のいい睡眠をとれるように生活習慣を改善していくことを指します。例えば、お昼以降はカフェインを取らないようにする、寝る前にお酒を飲まないようにするといったものが挙げられます。

また、心理療法のひとつである認知行動療法で不眠症の改善を目指すこともできます。この場合には、睡眠に対する間違った認知を正していくことになります。

そして、意外に思われるかもしれませんが瞑想も不眠症における治療法のひとつです。というよりも、瞑想は不眠症の治療に推奨されているのです。瞑想はリラックス効果もありますし、心身の落ち着きのなさや不眠症の自覚症状を軽減させることができると言われているのです。

薬を使わずともさまざまなアプローチができるのです。

北の大地の夢しずく公式サイトへ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。