目覚めをよくする方法

基礎知識

必要な睡眠時間を確保すること

目覚めをよくする方法ということなのですが、目覚めをよくする方法というとほとんどの方がアラームの音をどうするかといった部分を気にするのではないでしょうか?確かに、アラームの音量といったものによっても目覚めは違ってくるものですが、それ以前に必要な睡眠時間を確保することも大切です。

一般的には睡眠時間は最低でも6時間以上必要だと言われています。6時間未満ではなかなか目覚めがよくならないという話もあります。

もちろん、短い睡眠時間でもスッキリと目覚めることのできる方もいますし、このあたりに関しては個人差もあります。ただ、その人にとって必要な睡眠時間を確保するという部分に関しては同じです。

最近では睡眠負債といったものもいろいろなところで取り上げられていますが、必要な睡眠時間を確保できないまま日々を過ごしていると睡眠負債を増やしていく一方になってしまいます。自分にとってどれだけの睡眠時間が必要なのかをきちんと把握し、その上で、睡眠時間を確保するようにしましょう。

起きた後の行動も大切

目覚めをよくするというと、目覚めるまでに何をするかといった部分ばかりを考えてしまう方も多いでしょう。確かに、目覚めるまでに何をするかも大切ではあるのですが、目覚めた後の行動も意外に大切です。

例えば、目覚めた後には朝の光をしっかりと浴びるようにしましょう。朝の光を浴びるというのは思っている以上に大切なことで、これによって体内時計が整うようになるのです。要は、体のリズムが正常化されていくのです。

また、目覚めた後には朝食をとることも大切です。現代人の多くが朝食をとらない生活を送っていますし、仮に朝食をとっていても微々たるもので栄養バランスもかなり偏っています。

目覚めた直後というのは、体の中はご存知のように空っぽです。だからこそ、そこに栄養を入れなければいけないのです。

栄養バランスのとれた朝食をとることによって、空っぽの体に栄養を取り込むことができますし、代謝もアップし、体が目覚めていきます。言ってしまえば、体の中の歯車が回るようになるのです。

目覚めた後に朝の光を浴びて、きちんと栄養バランスのとれた朝食をとることによって睡眠を含めた体のリズムが整っていきます。これを習慣化することによって、体のリズムをしっかりと整えることができますし、その中で自然な眠りと目覚めを得られるようになるのです。

北の大地の夢しずく公式サイトへ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。